確定申告のあれこれ

これから確定申告を初めてするという人にとっては、何からどう始めたらよいのか、また何をどうしたらよいのかという情報が必要不可欠です。 そもそも、自分が確定申告をしなければいけないかどうかもわかりませんよね。 まず、確定申告の手続きの流れや必要なものについてご紹介していこうと思います。

どんな手続きをするの?

それではまず、確定申告とはどのようなものなのかを知っていきましょう。
確定申告とは、一年間で支払わないといけない所得税を正しく精算するための手続きです。
清算するというのは「一年という区切りで、所得税を正しい金額だけきちんと納める、もし多く支払いすぎていた場合は払い戻しがある。」という意味です。
なぜ一年間の最後に確定申告という手続きが必要かというと、所得税の納税は収入額に応じて決められるのですが、その収入は一年を通して「お給料」という形で小分けにもらっているものが多い、つまりその都度納税を済ませているというパターンが多いのです。
納税額を算出する期間については、1月1日から12月31日、そして確定申告の期間は、翌2月16日から3月15日の一か月間と決まっています。この期間にきっちり精算することによって正しく納税が果たせるのです。

確定申告の前にすでにおさめた税金の事を「源泉徴収」と言います。
さらに、「予定納税」といって前倒しで税金を納めている、という場合もあります。
確定申告は、一年間の総収入額から納税額を算出し、これまで既に払った税金とその金額とを照らし合わせて清算する、という意味合いもあります。
つまり、既に納税した額が実際に納税しなければならない額よりも多かった場合は、還付金として納めすぎた税金は戻ってくる、というわけです。
少し前までは、確定申告をしなければならない人々は税務署へ赴き長時間並んで確定申告の手続きをすることがほとんどでした。
しかし最近では、インターネットの普及により自宅で手軽に申告を終えることができるようになっています。

どんな人が確定申告をする?

「確定申告」という言葉を聞いたことはあるけれど、身の回りに確定申告をしている人がいなかったり、自分が該当するかどうかわからなかったりするとどうしていいかわからないものですよね。 確定申告をすべき人、にはいくつか条件があるので、どんな人が対象になるのかご紹介していきます。

しないとどうなる?

確定申告をしなくてはいけない対象者だということが分かってはいるものの、「なんだか面倒だな」と思うことがあるかもしれません。 しかし、この手続きを怠ってしまうと色々なペナルティが課される可能性もあります。 確定申告の必要性を理解し、正しい手続きをとるようにしましょう。