>

確定申告のあれこれ

確定申告をしなければならないのは誰?

まずは、どういったスタイルで仕事をしている人が確定申告をする必要があるのかを見ていきましょう。
確定申告の手続きをしなければならないのは「フリーランス」もしくは「自営業」である場合です。
当然、会社に属さず仕事をしているので年末調整はされていないですよね。
そのため、自分で確定申告をして所得税等の精算を行わなければなりません。
この場合の収入は、「事業所得」にあたり、収入という意味でいわゆる会社員にとっての「給与」と似た立ち位置になります。

また、このほかにも「一定の公的年金を受け取っている」「株取引で一定の利益を得た」「不動産関連における収入がある」などといった場合も、自分で確定申告の手続きを行う必要があります。

もしかしたらあなたも確定申告の対象者?

確定申告をしないといけない人と聞くと、会社勤めの人は除外されると思っている場合も多いかと思います。
しかし、その判断軸は実は間違っています。
大前提として会社勤めの人が確定申告は不要と思われる理由に、会社が行う「年末調整」です。
これは会社によって年間の所得税等の精算が行われる為、わざわざ自分で確定申告をしなくてもよいと思いがちなのです。
実際、大多数の会社員の方はこれに当てはまりますが、下記のような場合は確定申告が必要です。
まず、給与の収入金額が2000万円を超える場合は自身での確定申告が必要です。
また、副業による収入が20万円を超えたり、給与を2カ所以上から受けていて会社で年末調整をしてもらってない方の給与が20万円を超える場合なども確定申告が必要です。


この記事をシェアする