>

しないとどうなる?

申告をしなかった場合はどうなる?

確定申告を行わなかった場合、大きくわけてペナルティが二種類あります。
まず一つ目は、「無申告加算税」です。
一見してもわかりにくいですが、よくよく見てみると「申告がない場合に加算される税金」とも捉えられますよね。
つまり、申告していなかった場合に、納付するべき税金の金額に対して、50万円までは15%、50万円を超える場合は20%の割合が納付金額に上乗せされてしまいます。
いわゆる罰金のようなペナルティともとれるのがこの「無申告加算税」です。
確定申告は原則として3月15日までという期限が定められており、この日までに必ず申告を終えなければなりません。
よって超えてしまうと「無申告加算税」が課されるわけですが、期限を過ぎてしまっても自主的に期限後申告をおこなえば、ペナルティは5%に軽減されます。

納税を怠ってしまったらどうなる?

「期限内に申告が終わらなかった」という場合のペナルティが「無申告加算税」ですが、別のケースでペナルティが発生する場合もあります。
それが、「延滞税」です。
例え申告を期限内に終わらせていたとしても、「延滞税」がかかる場合があります。
これはどういうことかというと、確定申告の期限である3月15日とは、申告の期限であると同時に納税の期限でもある、というわけなのです。
ですので、この期限までに支払うべき税金額を完納しなければ、納付が完了する日までの日数に応じた延滞税が加算されるのですね。
レンタルビデオ屋さんでビデオの返却期限を過ぎてしまったときに支払う延滞金と似たような部分もありますよね。
期日内に納税するようにしましょう。


この記事をシェアする